2010年03月07日

【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(2)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)

 ■勉強会は結成したものの… 解散寸前で出合った理想の住宅。

 村田 最初はまったくの夢物語だったんです。50代はじめころでしょうか。仕事を通じて知り合った大阪の田矢きくさんと、東京の私の友達でよく旅行をしていたの。そこで将来こんな風に気の合う仲間で一緒に住めたら楽しいわねえ、とまあ茶飲み話をしていた。

 −−それが現実味を帯びたのはいつですか

 村田 2002年ですね、田矢さんと私と今度は市川禮子さんと遠野に旅行したとき、またそんな話が出た。市川さんは兵庫県下で先進的な老人福祉施設を運営している社会福祉法人理事長で取材を通じて知り合った方ですが、その市川さんが“それ実現させましょうよ”とのってくれた。3人がその気ならできるかもしれない、ということで正式に勉強会を作った。「老いの住まいを考える会」。口コミで仲間を募り、場所は市川さんのところの「あしや喜楽苑」(芦屋市)をお借りしたので、そのとき関西に比重が移ったのかな。

 −−何人くらいでしたか

 村田 はじめは十数人いたでしょうか。でも、何回かやっているうちに温度差が出てきたんですね。老後を気の合うもの同士で暮らすという生き方には興味があるけれど、夫がいるとか、資金に無理があるとか。それで勉強会はいったん解散し、「私は入る」という人だけでグループをつくり直しました。

 −−それが?

 村田 2004年。それから具体的に家づくりが始まりました。場所はどこがいいか、どんな建物がいいか、実際に土地探しも始めて、ずいぶんいろんなところを見に行きましたよ。

 −−そのときのイメージは自分たちで家をつくる、だったんですね

 村田 そう。一緒に住む人たちが協同でつくる集合住宅、コーポラティブ・ハウスのイメージですね。でも、そうなるとある程度の広さがいる。私たちがまたいろんな条件を出すわけ。便利で駅に近いところがいい、共有スペースを作りたい、安くするために定期借地権つきがいい、などなど。実際に図面を引くところまで行ったこともありましたよ。でも土壇場になって地主さんに売れないと断られ泣く泣く建築家にキャンセル料を払ったこともありました。もう待てないと自分でマンションを買って抜ける方も出てきて、もうこれは無理だろうと解散を決めました。

 −−えっ、また解散?

 村田 忘れもしない2007年の10月。足かけ4年やってつくづくわかった。私たちが求める土地はとても私たちには手が出せない。甘かったと。その年のクリスマス会をもって解散しましょうと決めたところで、このマンションに出合ったのだから人生、不思議ですねえ。最後の粘りで私と田矢さんでたまたま武庫之荘の別のマンションを見に行った。それは2人とも気に入らず、だめだわね、とトボトボ駅に帰ったところでここの宣伝ティッシュをみたのです。私は用事があってそのまま帰ったのだけど、とりあえず見てくるわと田矢さんが行って、ここいいんじゃない、と。別のメンバーもそれぞれ見に行き、みーんな気に入った。村田さん早く見てこいと矢の催促で東京から飛んできました。

 −−何がよかったんでしょう

 村田 まず全戸南向きであること。駅に近いこと。定期借地権つきであること。3000万円から6000万円の間で自分の好きな部屋を選べる。みんなガンバッテ働いてきて、それなら払える。もうそれまでの苦労がうそのようにあっという間に決まって、クリスマス会は祝賀会になりました。(聞き手 石野伸子)

【関連記事】
“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん
末期の腎臓がん克服…命の大切さ訴え続け 俳優・小西博之さん
休息も稽古のうち…脳梗塞判明し引退決意 元栃東・玉ノ井太祐さん
老後の生活設計に“落とし穴” 離婚でなくなる加給年金
弟からもらった命で歌を 腎臓移植から復帰の松原のぶえさん
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

米渡航手数料900円、「実質ビザ代」日欧反発(読売新聞)
大津波・津波警報 北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)
引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
韓国で男逮捕=東京・新宿の指輪強盗−警察当局(時事通信)
posted by ササキ コウジ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

幸夫人、学生時代のあだ名は「黒い羊」だった(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相の夫人・幸さん(66)が28日、東京・表参道に2日から開店する京都産着物アンテナショップ「白イ烏」の開店記念式典に出席した。

 「桜をイメージした」ピンク色の着物姿で、モデルの西山茉希(24)とともに登場。店名について幸夫人は「私も学生時代は『黒い羊』と言われていたので、どこかドッキングするものが多い」と、「厄介者」などを意味するあだ名で呼ばれていた過去を明かし、笑いを誘った。

 11月にはアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が横浜市で開かれる予定で「20か国の大統領夫人と和服を着て写真を撮りたい。男性は後ろ、女性が前で」と熱望した。

 【関連記事】
幸夫人もエール「真央ちゃん美姫ちゃん鈴木さん頑張って」
鳩山幸夫人が後輩激励…鳳蘭ら緊張
鳩山来留夫、紅白落選して似幸夫人の胸で号泣
「のりピーショック」に「あぶり」も流行語大賞候補
鳩山由紀夫 アンテナショップ 西山茉希 を調べる

自民党さん、日本人は忘れっぽいことを忘れずに(産経新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
元試験委員に罰金=看護師試験漏えい−広島簡裁(時事通信)
<啓朋学園寄付金流用>元理事長の上告棄却 最高裁(毎日新聞)
がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)
posted by ササキ コウジ at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?(産経新聞)

 前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が3日午前の参院予算委員会に遅刻し、開会が約15分遅れた。平成22年度予算案は2日の衆院通過により、参院の審議にかかわらず年度内成立が確定しており、異例の遅刻は気の緩みととられかねず、野党は「参院軽視だ」と強く反発した。

 遅刻した3閣僚は委員会の冒頭にそれぞれ発言を求めて「申し訳ありません」と陳謝した。ただ、遅刻理由は説明しなかった。簗瀬進委員長(民主)は「遅れた方がいたのは遺憾だ」と不快感を表明し、平野博文官房長官も陳謝した。

 3閣僚が到着するまでの間、鳩山由紀夫首相やほかの閣僚は待機し、生中継を予定していたNHKの放送も開始が遅れた。質問に立った自民党の林芳正氏は「個人的な遅刻ではなく、連絡の不行き届きだったのだろうが、危機管理の問題だ」と非難した。

【関連記事】
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」
個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討
政治主導早くも“失速”…官僚から失笑も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息(医療介護CBニュース)
トムラウシ山遭難 山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
りつか
火事で幼児救出、お手柄相撲部員が角界入門(読売新聞)
posted by ササキ コウジ at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。