2010年06月11日

「交代効果」で民主支持率上昇、自民に危機感(読売新聞)

 鳩山首相の退陣表明で、自民党内に「首相交代効果」への危機感が強まっている。

 読売新聞社の緊急全国世論調査でも民主党の支持率が上昇に転じており、終盤国会や参院選の戦略練り直しを迫られている。

 「民主党の支持率がちょっと上がっている。鳩山さんが退陣表明したので一時はそういう効果があると思うが、永続的にV字カーブで戻ることにはならない」

 自民党の谷垣総裁は3日夕、都内で開かれた同党議員のパーティーで、民主党の支持率上昇は一時的なものにとどまるとの見方を示した。同日の記者会見では、首相の退陣表明後、党内から改めて執行部人事見直しなどを求める声が出ていることに関し、「変える必要はない」と強調した。

 だが、3日の各派閥総会では、領袖らが相次いで厳しい認識を示した。古賀派の古賀誠・元幹事長は「内閣不信任決議案を出さないまま退陣を許したのは残念だ。谷垣総裁はじめ緊張感が足りない」と苦言を呈した。また、「参院選で(野党が)過半数割れすれば自民党は崩壊する」と述べ、谷垣氏のリーダーシップ発揮を求めた。

 町村派の町村信孝・元官房長官は、同派所属議員らを前に「(民主党が勢いを回復し、衆参)ダブル選の可能性も出てきた。準備に入ってほしい」と号令を飛ばした。

 一方、民主党では支持率回復に安堵(あんど)する声が出ている。石井一選挙対策委員長は「予想外の結果だ。選挙直前に人事を動かしても支持率好転にはつながらないと見ていた。首相の『クリーンな民主党を目指す』という言葉が、国民の心に響いたのではないか」と語った。

菅内閣 幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題(毎日新聞)
<無銭宿泊>所持金36円で4万円の部屋に (毎日新聞)
山田農相 口蹄疫問題「早急に解決」(毎日新聞)
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に(産経新聞)
性犯罪で再検挙113人=出所者の居住地情報通知制度―警察庁(時事通信)
posted by ササキ コウジ at 17:36| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。